フリーランスを目指す   医療系翻訳者のあれこれ

日本文学専攻、留学経験なし。今は医療翻訳の道を歩んでいます。       日々学んだことや考えたことを記録しています。

氣の道

合氣道を習い始めて5年になります。

 

何か運動をしたいと思い、昔から憧れのあった武道を選びました。合氣道を選んだのは、他の武道に比べると女性でも参加しやすそうだと思ったからです。

 

(合氣道にも色々流派があって、私が習っているのは心身統一道です。ですので、ここで書く合氣道は心身統一道に限った話です、ご了承ください)

 

合氣道の好きなところ

心と体の両方を鍛えられる

心が体を動かすという考え方があるので、心の在り方から教え込まれます。

 

心の使い方も、「ひとつのことに100%の氣を向ける」「相手の立場に立つ」「相手を止めてやろうとするのではなく、一緒に行きましょうという心で導く」など、明るくて優しいものばかりで、日常生活にも良い影響をもたらしてくれています。

 

全身を使える

右から襲われた場合と左から襲われた場合の両パターンを練習するので、バランスよく体を使うことができます。

 

何をするにも全身を使って動く癖がつくので、疲れにくくなりました。

 

老若男女の友だちができる

道場には、小学生から90歳近い人までたくさんの人がいます。男女比は7:3くらいですが、女性も徐々に増えてきています。

 

職種も年齢もバラバラの人たちでも、一緒に稽古しているうちに段々仲良くなります。合氣道はひとりで稽古できませんから、必然的に言葉を交わすようになるためです。

 

それに技をかけあうと、あまり喋らなくても相手がどんな人か大体分かります。コミュ障の私には大変ありがたいツールです。

 

合氣道のデメリット

怪我のリスクがある

運動全般にいえることですが、合氣道も例外ではないです。他の武道に比べると激しさの点ではましだと思いますが・・。

 

私自身、始めたばかりのころは受け身がうまくできずに腰を痛めましたし、肩や脚、腕がアザだらけになって、夏場は少し恥ずかしかったときがありました(;^ω^)

 

一般社会ではちょっぴり疎外感がある

氣がうんぬんと言う話をしても、「わかる~!」と言ってもらえる可能性は限りなく低いです。

 

空手と混同されることもよくあります。

 

 

 

そんなこんなでふわふわっと続けてきましたが、私は合氣道が大好きです。でも、今大きな壁の前でぷるぷると震えています。

 

もうじき、初段審査があり、合格すると黒帯がもらえます。その審査では、合氣道の技のほかに、ひとりで剣杖を振って、「1,2,3,4」と大声で号令をかけるという剣杖審査も含まれます。

 

私は、大声を出すのがとにかく苦手なのです。大声は聞くのも出すのも苦手。無理に出そうとすると説明できない謎の涙と吐き気に襲われます。

 

合氣道は大好きだから、やめたくはないです。上達したいし審査も受けたい。どうにかして、この訳の分からない「大声アレルギー」と折り合いをつけて壁をぶち破りたいと思っています。

 

先週末も声が出ていないと先生に叱られて、落ち込みのあまり英会話レッスンをキャンセルしました(ダメじゃん)。こんな弱くてこれからどうなるか分かりませんが、折れずにしつこく進んでいくつもりです。

 

たまにブログで吐露するかもしれませんが、温かい目で見守っていただけると幸いです。でも、厳しいコメントでもウェルカムですよ!(^▽^)/ アドバイスいただけると嬉しいです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

では、また次の記事でお会いしましょう(*^-^*)

 

 

ミニ問題集

気になったことや覚えておきたいことは、大体Evernoteに書いて保存しています。

 

最近、メモの取り方を変えてみましたら、以前より記憶に定着しやすくなったので、記録しておこうと思います。

 

といっても、変えたのは「メモをとる」→「問題文をつくる」だけなんですけどね。例えば、今まで「apple りんご」と書いていたのを、「appleの意味は?」として、離れたところに答えを書くというスタイルです。

 

見返すたびにちょっとしたテストの時間が始まるわけです。これが割と楽しい。思い出せないと悔しいし、脳が疲れるけど、覚えたことが増えていくのが実感できると「もっと吸収したい」という欲が生まれて、「欲望を満たしてやる作業」に変わっていくので、加速がつきます。

 

最近のメモだと、「フランス語動詞finirの意味は?」「QRS波の大文字と小文字の表記は何を表わしているか?」「重大な出血を英訳せよ」「弥増しての読み方は?」などです。ジャンルぐっちゃぐちゃですが(笑)、飽きにくくなるので、気にせずにランダムに放り込んでいます。

 

これは、メンタリストDaiGoさんのニコニコ動画チャンネルで学んだ方法のごく一部です。DaiGoさんはマインドマップのアプリを使用されているようでしたが、私には難しくて使いこなせそうになかったので、Evernoteにしました(^-^;。

 

 

上記のチャンネルでは役立つ勉強法がたくさん紹介されています。会員は有料ですが、無料枠やYoutubeで公開されているものもありますので、ご興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」(メンタリストDaiGo) - ニコニコチャンネル:社会・言論

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

では、また次の記事でお会いしましょう(*^-^*)

'sの後の省略

MacDonald'sの'sの後には何が省略されてるの?

 

まだ中学生だったころ、MacDonald’sの'sの意味がよく分からず、友だちと「マクドナルドさんの~!」と大喜利ごっこのようなことをして遊んだ覚えがありますが、なんてことはない、MacDonald's (restaurant)のrestaurantが省略されているだけです。

 

'sの後の名詞は省略できる場合がある

 

house, office, shop, restaurantなどの場所を表わす語は省略されます。

 

「昨日、スミスさんの家に行きました」は、"I went to the Smith's house yesterday"となりますが、このhouseを省略して、"I went to Smith's yesterday"とすることができます。

 

医者と床屋は、'sを使わないことが多い

 

”I will go to the dentist's (office)” 「歯医者に行きます」とは違い、医者と床屋だけは、"I will go to my doctor" 「医者に行きます」や"I will go to the barber"「床屋に行きます」というように、別の表現で表されることの方が多いようです。

 

同じ語が続く場合は、省略できる

 

"My doll is bigger than my sister's (doll)"「私の人形は妹の(人形)より大きい」などのように、同じ語が重複するときは片方を省略できます。

 

これは日本語で話すときと同じですね。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

では、また次の記事でお会いしましょう(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100万単位の数字の数え方

3,259,158、英語でどう読むの?

 

数字の羅列が続くと、混乱してしまいますよね。でも、コンマごとにひとつずつ読んでいけばOKです。

 

左から見ていきましょう。

 

3は300万ですので、100万を意味するmillionをつければ完成です。three million

 

この調子で、真ん中の259に移ります。少しややこしいですね。百なのか千なのか万なのか、どれを使えばいいの?となりますが、まずは259を読みましょう。

 

two hundred and fifty-nine 百の位と十の位はandでつなぎます。そして、十の位と一の位はハイフンでつなぎます。259ができあがりました。

 

ここに、thousandを足します。

two hundred and fifty-nine thousand 真ん中ゾーンが完成しました。あともうちょっとです。

 

最後の158は、one hundred and fifty-eight 完成です。

 

この3つをただ並べればOKです。

 

three million two hundred and fifty-nine thousand one hundred and fifty-eight 

完成しました・・!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°長いですね・・・!

 

でも、ひとつずつ分解していけば、恐れることはありません。

 

私自身、数字は苦手で、急に聞かれると詰まってしまいます。でも、落ちついていきましょう・・!

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

では、また次の記事でお会いしましょう(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン英会話2週目を終えて

イングリッシュベルでDMEのレッスンを受け始めてから、2週間が経ちました。

 

思ったよりは楽しく続けていられていますが、つまずいたポイントもあります。今後の改善のためにも、まとめておこうと思います!

 

直前だと、予約がとれないときがある

毎朝、6時半のクラスを取るのが私の希望です。最初は、レッスンを終えた後、翌朝のレッスンを予約するようにしていました。

 

1レッスン終わって、次のレッスンを予約。1歩1歩慎重に、というやり方です。1週目は何事もなく進めました。

 

でも、2週目になると、「あら、6時半に空いてる先生誰もいない。困ったな」という日が数回ありました。

 

ちょっと時間をずらせば、レッスンを受けることは可能です(6時とか7時とか)。だから、ここで臨機応変にできる人には全く問題ないのですが、私はなるべく同じ時間にやりたい!という人間なので、困りました。

 

そんなわけで、前もって1週間分の予約を先取りしておくスタイルに変えました( ^ω^ )

 

 

予習なしだと、まごつくときがある

あまり大きな声では言えませんが、予習をしないでレッスンに臨んでいました。まだレベルも低いので、それほど困ることがなかったからです。

 

でも、予習しないでいくと、先生の期待しているルートから逸れてしまって、軌道修正に余計な時間がかかることがあります。

 

たとえば、生徒はいろんなイラストを見せられて、「想像してね。あなたはこの絵の中にいるひとりです」というように設定を与えられます。

 

私はこの設定の意図をたまに汲み取りそこなって、とんちんかんな答えをしてしまうことがありました。

 

まあ、それで笑いが起こればリラックス作用になるので良い点もあるのですが(笑)、説明してやり直してる時間がもったいないという面もあります。

 

これは、事前にテキストを予習しておけば防げることです。開始前にパラパラ~と目を通すだけでも、スムーズにレッスンが進む助けになるので、今後は少しでも予習をすることにします・・!できるだけ・・!

 

2週目から、文法のレッスンも始まりました🌸

文法への苦手意識が減っていけばいいなあ~と思いつつ、がんばります。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

では、また次の記事でお会いしましょう。

 

 

読書日記

青い鳥文庫レ・ミゼラブル

 

 『レ・ミゼラブル』を読み終えました。ミュージカルで有名な作品ですが、私は観たことがありません。

レ・ミゼラブル―ああ無情― (新装版) (講談社青い鳥文庫)

レ・ミゼラブル―ああ無情― (新装版) (講談社青い鳥文庫)

 

 

図書館でたまたま見つけた青い鳥文庫版です。

 

ビクトル・ユーゴ―(Victor Hugo)著作。フランスの人です。

1862年に書かれたので、今から157年前に生まれた物語です。

 

古めかしくて難解な文章を想像するかもしれませんが、これは児童向けに書かれているのでとても読みやすいです。

 

そして片山若子さんの挿絵が愛らしい。女の子の絵なんて見とれてしまうほどです。淡いタッチのイラストは、切れそうに冷たいシーンなんて読んでいるときには唯一の温もりです。

 

さて物語の方は、サブタイトルに「無情」と出てくるくらいですから、メインキャラクターであるジャン・バルジャン可哀そうなコゼットが、今にもまた理不尽な目に遭うのではないか!とやきもきし、まさかの悲惨な結末が待っていて、読まなきゃよかったくらいの暗い心的状況に追い込まれたらどうしよう、と怯えながら読みました。

 

次はどうなるんだろう、とハラハラしながらページをめくる感覚は、久しぶりに味わった気がします。

 

読み終わった今、読んで良かったと思えるほど面白かったです。時代背景については割愛しますが、政治は不安定で貧困層の暮らしが惨たらしい状態になっている時代のお話です。

 

悪人もいれば善人もいます。悪人から善人に転向する人も、環境に追い詰められて品位を落としていく人も、善の意志から悪事を犯す人も、本当に色んな人がいて、それぞれの人生の分岐点があって、他人と交わったり離れたりしながら化学反応を起こしてまた違う形に変化していく、泥臭いけど、人間賛歌のような話だなと思いました。

 

人の生きざまというものについて考えさせてくれます。

 

 ミュージカルも1度観てみたいなあ🌸

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

では、また次の記事でお会いしましょう。